2013年3月に慶應義塾大学大学院SDM(システムデザイン・マネジメント)研究科の修士課程を修了し、Master of System Design Managementを無事取得。これまでの仕事にSDMのエッセンスを振りまきつつ新たなブリッジワークを確立して参ります。
現在は、慶應SDMの研究員として修士研究を深める他、日吉にて慶應SDMのプロジェクト・ワークショップのサポートをさせていただきながら、引き続きウェブサイト構築や英訳をお請けしております。
7月には修士研究の結果として編み出した、コンテンツデザインの手法に関するワークショップも開催する予定です。
ブリッジワークもこの6月で14年目を迎えました。これまでと同様、地に足をつけながらも高い視点を持ち、時間と空間の広がりを見据えつつ社会に少しでも貢献して参りたいと存じます。
June 2013 Kyoko Watanabe

夏 2014

IMG_6757前回の投稿からなんと1年以上が経ってしまった2014年の夏。ただいま、山中湖にて命の洗濯中であります。

この1年、それまでの年月に拍車をかけるごとく、それはまたまた新しい挑戦の日々でした。日吉の研究室で朝を迎えること数回。これがさほど珍しいイベントでなくなってきた今日この頃でございます。このような時間をいただいていること、先生、先輩(といっても若造^^;)、同僚、そしてこうした私の在り方を受入れてくれている家族、みなみなさまに感謝が耐えませぬ。。。

昨年7月から慶應SDMの文科省プロジェクトのメンバーとして慶應のプロジェクト研究員となり、チームで仕事をするかたわら、SDMの先輩(といっても若造^^;)が起業したデザインファーム、iD (イノベーティブデザインLLC)にパートナーとして参画。活動メンバーはほぼ同一ですが、みなさんそれはそれは優秀なメンバー揃い。非常に刺激的な日々でございます。

今年度もSDMでの文科省プロジェクトの継続、iDの案件、 続きを読む

2014年 8月 16日 | Filed under 未分類
タグ:

アラフィフ女子(!)のパワ〜

かねてから、同世代の女性たちのパワーには注目していた。もう5年ほど前になるが、このセグメントのソーシャルネットワークを構築しかけた(実際にはしたのだけれど、時期尚早だったかあまり広がらず。。。)りもした。理由は、単純にこのパワーは絶対に社会の役に立つと信じていたから。

昨年、同世代の女性ネットワークをFBで構築している女友達と出会い、そこから、それはそれはものすごいWomen’s powerをビンビン受けることとなった。単なるFBグループなのだが、一人ひとりが何かしらの仕事や趣味の活動(ここでは政治や宗教の活動は禁止されている)を行っていて、その輪がどんどん広がっていく。勝手に宣伝あり、さらには勝手にコラボまで。どんどん新しい「コト」が生まれていく。。。

女性の自由さ、女として、母としての強さ、しなやかさ、そして知恵。この世代の女性たちにはこんなモノたちが詰まっている。そして、好奇心と利他心も。パワーを感じずにはいられない。 続きを読む

2013年 4月 23日 | Filed under 気になること
タグ:

Dots were connected. さてこれからだ。

1月31日の修論提出、その後の発表資料づくり、そして2月8日の修論発表会。全てにおいて、自分の力は出し切った。この年になって学んでいるからには、いい加減なことをするつもりはなかった。だから自分なりに頑張ったつもり。そしたら、ちゃんと結果がついてきた。

私の修士課程生活が終わった。振り返ってみれば、満足のいく2年間だった。いろんなことがあった。一コマ一コマを見れば、苦しかったり辛かったり、もちろん楽しくて充実もしていた。でも、全体を振り返れば、そんな一コマたちは見事につながっている。Steve Jobsの言葉を借りれば、見事にdots were connected.である。線になった点たちはかけがえのない一瞬だ。

点を経験しているその時には線にしようという意識はない。けど、無意識ではあるが直感的にはそういう感覚を持っていたんだと思う。実はここ数年思ってきたことだけれど、何か軸を持って(無意識的であっても)アンテナを伸ばしていれば、自分の周りに流れ来る「点」をキャッチできる。さらに手を伸ばして掴みにいくことさえできると思っている。(こんなことを考えていたから、前野先生のおっしゃる「意識」の小人たちの話には妙に納得がいった。) 続きを読む

2013年 4月 20日 | Filed under LEARNING, STORY
タグ:

あれから3年・・・

3年前の今日(あ、もう昨日か)、友人が48歳で天国へ行った。

あまりにも若い。

家族ぐるみの付合いだった。

私の同級生であり、娘の同級生のパパであり、義姉の同級生の夫でもある。

結婚当初はご近所さんでもあった。

デカい身体にデカい声。よく呑み、よく食べ、よく動く。

大学のアメフト時代と変わらない。

大学の卒業25周年の大同窓会企画では、経済学部の幹事代表である彼に頼まれて一緒に経済学部を盛り上げた。 続きを読む

2013年 2月 4日 | Filed under STORY, オフ
タグ:

そして提出

この2ヶ月間かけて書いてきた修士論文、先ほど提出。本当にこれで仕上がったと言えるのか?全く不明。手直しすればするほど分からなくなる。もっと、あれも、これも、盛り込まないといけないんじゃないか?そんな不安に駆られる中を、先輩、先生方の「大丈夫」の言葉に支えられ、なんとか終わりとすることができた気がする。

書いている間に分かってきたこと、検証結果による思いがけない知見、などなど、いろいろな発見をしながらそれをひとつの軸に沿って展開していくことは、難しかったけれどなかなか楽しかった。

書くことは嫌いじゃなかったけれど、Microsoft Wordは明らかに嫌いだってことも分かった。ここにどれだけの時間を掛けただろうか。。。次回(あるのか?)からの教訓として、目次や図表番号、参考文献を連番にするのではなく、ファイルを分割して章ごとに分けて書く、これが基本だってことをここに記しておこう。あ、後輩の皆さんの為にもね。

はっきり言って、ワードに翻弄される時間はストレス以外の何者でもありませぬ。。。生産的でない!せいぜい30ページずつくらいに分けて書いていった方がいいと思います。

とにかく提出は完了。次は発表資料作りです!

2013年 1月 31日 | Filed under LEARNING
タグ: