アーカイブ

  • “FREE” 読了

    遅ればせながら、Chris Andersonの『フリー』を読み終えた。
    半年ほど前に友人にお借りしたまま、次々と読む本に追われ後回しになってしまっていた『フリー』。ずっと気になっていて、いい加減お返ししようかと思うこともあったが、友人には申し訳ないが借りたままにしておいてよかった。
    これは、価格が「フリー」「ただ」「無料」であることについての「新しい経済学」の本とお見受けした。ウェブではなにかと「無料」が当たり前の世界で、どうやってビジネスが成り立っているのかという実例、そして失敗例。個人が行う無報酬のサービス(ブログポストなど)により個人へもたらされるものなどについて詳述。
    ウェブ系の本は、ここのところ「セルフブランディング」についてのものが目立つ気がするが、『フリー』は客観的に今のフリー経済を解説している。セルフブランディングについての本は、ネット上での自分の評判(ウィッフィーなどと呼ばれる)をいかにしてあげていくかを、ウィッフィーを勝ち得た著者が経験から論じる方法論のような気がして、私としてはいまいちしっくりこない。自分のブランドを上げていく方法を人から教わる、って基本的に間違っていると感じてしまう。その人はその人という中身があってはじめてブランドが成り立つわけで、ブランドを構築するための方法を身につければブランドが出来上がるもんじゃない。もちろん中身のある人がブランドを築く方法、として書いてあるのだろうが、ブランド構築ばかりが独り歩きするのはちょっと。経験談として人に読ませるだけにとどめてほしいなぁ。。。なぁんて思ってしまう。
    そんな後の『フリー』だったせいか、個人の成功談とかではなく、現在のウェブビジネスを客観的に解説してくれている本、と私には映り、興味深く読ませてもらった。
    長いし難しいし、飛ばし読みかな~、と思ったが、これ、きちんと読まねば、と、一応私なりに理解するまで何度もよんだ箇所も。結論として、こうせよ、ああせよ、これからこうなる、みたいな話ではない。いろんな新しい事象が次々に生まれてくるのがウェブの世界。これまでの事例を参考に、オーディエンス、マーケットをしっかりととらえた上で、自分が実現したいことを展開する戦略をもう一度考え直してみようよ、というメッセージを受け取った。
    私自身、「無料で展開」するビジネスがどうやって利益を生んでいけるのかを、実は細々とではあるが真面目に考えている一人。利益のために自分の「理念」をブレさせず、自分にも、仲間にもメリットを生んでいくようなネットワークづくり。Chris Andersonさん、フリーミアムの考え方、この構想に大いに取り入れさせていただきます!
    ただし、もちろん『フリー』の舞台となるウェブの世界は全て英語での世界。つまりマーケットは世界だ。一方、日本語という限られた地域、マーケットを対象としたウェブ世界で『フリー』の世界がどのように展開できるのか、いや実現できているのか。こんなことも忘れてはいけない要素だと思う。
    Chris Anderson氏の次のテーマは「The New Industrial Revolution (新・産業時代)」とのこと。→http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100524-00000301-gtwo-ind オープンソースを駆使してロングテールのマーケットを満足させる産業が可能になるという話。「オープンソース」これまた大変興味があるテーマ。是非ぜひ読んでみよう。

    2010年 8月 16日 | Filed under LEARNING, 仕事
  • 英語でコミュニケーションしたい人 応援します

    先日、友人からtwitterで英語の教材を教えてとリクエストされた。「アメリカ人の友人と楽しくコミュニケーションするため」という明確な目的。
    ケリー伊藤氏に長い間師事していた私としては、やはり彼の著書の中から選ばせてもらった。
    で、選んだのはこれ。
    日米慣用句表現辞典 - これを英語で何と言う
    結構厚みのある1900円する本。一つの日本語の単語から様々な英語の例文が見られるようになっている。日本語の言葉から英語の単語を導くものでなく、日本語の単語から、そこで言っている意味を噛み砕いて他の言葉で表現し、それを英語で表現している。
    例えば、『諦める』という項目に「捨て子」とか「年貢の納め時」とかいった日本語を英語にした例文が載っている。いずれの言葉にも「諦める」という意味合いがある。例文の英語では「捨て子」はabandon、「納め時」ではsettle downを使っている。
    友人に投げかけられたいい機会なので、英語について気を付けていることを少しまとめてみる。(といっても、みんなケリー伊藤氏の受け売り。)
    日本語を英語にするときに一番大事なのは、言葉そのものを英語にしようとしないこと。ケリーがいつも言っているが、「お早う」を”It’s early!”という日本人はいない。ちゃんと”Good morning!”といえるのに、ちょっと複雑になるともうその発想は残念ながら消えてしまう。
    お早う→good morning! の発想、これが常にできれば、日本人の英語表現力は格段に伸びる。だがしかし、「早い」は”early”だから・・・、と、すぐに辞書に頼りたくなってしまう。そこをぐっと我慢して、「お早う」で、自分が伝えたいことは何?と自問する。それは朝の挨拶。じゃあ、英語で朝の挨拶はなんていう?という展開に持っていく。この展開に慣れるようにするのがいいと思う。
    どういうトレーニングが最も有効か。これについて少し研究してみたいと思う。簡単なことが簡単に言えるようになること。これが英語嫌いの日本人を少しでも英語好きにするポイントだと思う。これに少しでも貢献できたらな。

    2010年 6月 27日 | Filed under LEARNING, 仕事, 気になること
  • 自治体WEBサイト ユーザビリティ評価2009審査発表会

    昨日、6月22日、東京国際フォーラムの会議室で、NPO団体アスコエによる「自治体webサイト ユーザビリティ評価2009審査発表会」が開催された。共催のソシオメディアさんからのご案内メールでこれを知り参加した。
    詳しくは別途まとめようと思うが、つまりこれは日本の自治体のウェブサイトの使い易さをチェックして、優秀なサイトの自治体を表彰するもの。今年は「引越し」と「子育て」という視点でのユーザビリティチェックを行ったということで、総合優勝と、引越し編、子育て編それぞれの優秀サイトが表彰された。
    総合優勝は兵庫県姫路市。http://www.city.himeji.lg.jp/
    総合的にユーザーの視点に立った使いやすくわかりやすいサイトとのこと。
    引越し編の優秀サイトは大阪府大阪市。http://www.city.osaka.lg.jp/
    子育て編の優秀サイトは千葉県習志野市。http://www.city.narashino.chiba.jp/
    という結果となった。
    評価するのは、評価の専門家と評価手法のワークショップを受講した一般の人たち。この人たちが一定の評価基準で評価を数値化した。
    ユーザビリティのキーワードは、「わかりやすい」「知りたい情報にすぐに行きつく」という徹底したユーザー目線。お役所仕事とは正反対の姿勢という気がするが、日本の自治体もだいぶサイト運営の問題点を理解して改善するようになっているなぁと思った。
    それというのも、こうした「評価審査会」という活動が推し進めているものだと思う。外から審査、評価されて表彰される、という場があれば、頑張りがいもあるというもの。こうした活動がより重視され評価されれば、市民、国民のための情報提供サービスのレベルが全国的に上がり、電子政府のレベルも上げていくことになる。とても意義のある活動だと思う。
    昨日は、姫路市と習志野市のウェブサイト担当者が各自治体サイトのリニューアルの経緯や工夫について講演。アスコエの安井代表からは、評価基準についての説明。共催のソシオメディア篠原氏からは、専門的な評価基準であるヒューリスティック分析についての解説があった。
    評価のプロセスの一つに「ペルソナ評価」というのがある。これは、一人のユーザーを細かく設定して、その人がサイトをこういう目的で使いたい、というところまで想定する。(これがペルソナ)そしてその人が必要とする情報にいかに容易に辿りつけるか、を評価するのがペルソナ評価。今回は、「引っ越しを予定している独身サラリーマン」と「子育て中の主婦」というペルソナを設定して評価している。
    ウェブサイトデザインにおいて(ウェブサイトに限らずあらゆるデザインにおいて)ペルソナ分析というのが今行われているが、自治体という全ての年齢、職業の市民を対象としたウェブサイトをデザインする際に、どういったペルソナを設定するのだろうかと疑問に思った。あらゆるケースをペルソナに設定することは不可能なので、ターゲットをある程度絞るのだろうか。残念ながら質疑応答の時間を逃してしまったので、今度機会をみつけて詳しい人に聞いてみようと思う。
    ヒューリスティック分析では次の5つの視点で評価するそうだ。
    1.アイデンティティ・・・その自治体らしさが出ているか
    2.インフォメーションアーキテクチャ・・・静的ページで情報がわかりやすく整理されているか
    3.インタラクション・・・別画面へのリンクや、動的ページの操作や構造が分かりやすいか
    4.アクセシビリティ・・・高齢者や障害者、読み上げソフトなどへの対応
    5.コンテンツ・・・内容のわかりやすさ
    う~ん、全て大事な視点。こういう評価基準が体系的に存在していたことをよく知らなかったのだが、いずれも常に重視しているポイントばかりではある。(読み上げソフトへの対応については、実際あまり考慮してこなかった!これもサイトによっては非常に重要ですな。)
    今回の会に参加させていただき、ウェブサイトのユーザビリティをめぐる現状の再確認ができた。そして、同時に自身が向かおうとしている方向がここで考慮されていないことにも気づいた。「グローバリゼーションへの対応」という視点である。
    受賞した自治体サイトの英語ページをざっと見たところ情報が少なく感じた。英文を読みこんだわけではないが、果たしてこれが直訳英語なのか、英語としてわかりやすくまとめられたコンテンツなのか。また、自治体のウェブサイトは内向きでいいのか。今、日本の内向きさが問題視されている中、自治体サイトは日本人のためだけに内側に情報を伝える役割が果たせればそれでいいのだろうか。例えば観光地や特色を海外に発信していくという視点も必要なのではないか。(例えば映画”The Cove”のような問題が起こらないようにする努力も。)会の途中から沸々とこんな疑問がわいてきた。そして終了後、篠原さんにこのことをぶつけてみたところ、これは今後の重要な課題、という見解を頂いた。
    私自身、新しいステージに向かうはじめの一歩のこの時期に、自分の方向性を再確認できたとても有意義な機会となった。ソシオメディアの篠原さんとお話しすると、いつでも元気をいただける気がする。感謝です!

    2010年 6月 23日 | Filed under LEARNING, 仕事
  • 美容室グランレーブのAtelier JD Paris大森店サイトオープン

    品川区、大田区で美容室を展開するグランレーブ様のウェブサイトを作らせていただき早2年。この春、グループ各店舗の中でも主要店の一つ、”アトリエJDパリ・大森店”独自の情報を提供するサイトを、というご要望をいただき、ブログ形式のウェブサイトを作成しました。
    これからはご担当者の方が、お客様への情報をサクサクと追加してくださいます!そして、担当スタイリストのお休みや研修日程がわかるようにカレンダーも設置。これも担当の方が操作しやすいGoogle Calendarを使用しました。
    スタイリストでもありウェブサイト管理者、そして運営スタッフでもあるご担当者様は本当に大変と思います。でも早速更新していただいているようでうれしい限りです!

    2010年 5月 12日 | Filed under Website制作, 仕事
  • Jimdo Japan 1周年 イベント

    昨日、Jimdo創業者来日記念イベント、行って参りました。
    友人からJimdoっていうサイト作成のシステムがあるよ、これ、ドイツのシステム。って聞いたのが約2年前。
    え~!こんな風にウェブサイトが作れるようになるの~?!すごい!
    衝撃的に新しい。ウェブ上で、それも作成中のページ上ですべての作成、編集が出来る。しかも、タダ。
    こういうツールがどんどんできてくるのかなぁ、と思いながらとにかく使ってみた。まだ、どんなリスクがあるかわからないからクライアント様に納品する訳にもいかないし、ということでここを使ってずいぶんテストアップをさせていただいた。アクセス制御がかかるので、作成中のサイトのテキストや画像の配置など、ざっくりしたプランをクライアント様にお見せするのに最適。URLとパスワードをお渡しして確認していただき、フィードバックをもらう。という感じに無料バージョン、Jimdo Freeをいくつか使わせていただいていた。
    その後、jimdoがKDDIと提携しJimdo Japanとなってからは、サービス、日本語対応も確立され、安心してjimdoでお客様のウェブサイトを制作することが可能となった。htmlのサイト制作と別に、jimdoでの制作もプランに加え、いま現在4つのサイトをjimdoProで提供させていただいている。
    jimdoの好きなところは、徹底的に使う人にやさしく設計されているところ。ユーザーへのわかり易さを大切にしていることが伝わってくる。これは私の想いと同じ。コミュニケーターとして読み手にわかりやすい、きちんと伝わる英訳や和訳、ウェブサイトの構築をいつも大切に想ってきた。必要なことをシンプルにわかりやすく伝える設計(デザイン)のお手本の一つ。
    イベントではJimdo Businessのスタートと、今後のページパートナー、アフィリエイト機能が発表された。Businessは、本格的にjimdoをビジネスサイトとして活用したい企業にとっては、この価格でこの機能はありがたい思う。ページパートナーのシステムは、既存のデザインをテンプレートとして活用するもので、利用者にとっても、デザイン作成者にとっても有効なシステム。つまり、サイトを作る時に初めの一歩から作り始めるのではなく、似たような業種のデザインをテンプレートとして利用して、そこから作り上げていけばよいシステムで、作る方としてはぐっと手間と時間が節約できる。さらに、掲載するコンテンツやカテゴリもテンプレートとしてあるので、必要な情報をしっかりと掲載できる、より内容の伴ったサイト作りにも貢献できる。ある種、jimdoで作るサイトの質の底上げにつながると思う。
    ここで私が強く思うのは、この素晴らしい箱を有効に使うこと。jimdoという素晴らしい箱がある。伝えたい素晴らしいメッセージがある。これに「伝わる言葉」「わかりやすい構成」が加わることでウェブサイトとしての機能が格段に上がると信じている。伝わる言葉、わかりやすい構成で発信する。このことはこの国では意外に語られていないと思う。私はPlain Englishでの英語ライティングを長く教わってきた中で、ロジカルなわかりやすい発信の大切さを痛感している。日本語だって同じ。今年からは日本語でのわかりやすい発信を広く呼び掛けていく活動をしたいと思っている。
    会場では、創業者のMattias Henze氏からページパートナーの話を詳しくお聞きできたし、KDDIの高畑氏とも意外な友人でつながっていることも分かったりで、寒~い雨の中ではあったけれど、いい時間を過ごさせていただいた。
    おまけにいただいたpoken(ポーケン)も面白かった。早速PCでいろいろ試してみた。この国では新しいものは女子高生から流行るものだと思っていたけれど、今回は悪いけど先を越したぞ!

    2010年 4月 13日 | Filed under Website制作, ロジカルコミュニケーション, 仕事
カテゴリー ‘仕事’ のアーカイブ